SWANBox(スワンボックス) SWANBox(スワンボックス)

Product

SWANStorって何ができるの

スマートフォンやタブレットなど、多様なデバイスを利用して
外出先から社内ネットワークにあるアプリケーションへアクセス!

SWANStorは社内業務サービスにアクセスする際に必要となる
様々なセキュリティ機能を提供するセキュアリモートアクセスプラットフォームです。

SWANStor

導入に際してはネットワークの知識は必要なく、またネットワークの設定を変更する事なく、
社内ネットワークにSWANStorを導入するだけで、安全なリモートアクセス環境が実現します。

SWANStorは様々なデバイス、アプリケーションに対応する汎用性を持ち、
販売開始より15年間で700社、28,000本以上の出荷実績を持ちます。

28000本の販売実績/700社の納入実績

SWANStor(スワンストア)は簡単、セキュアにリモートアクセス環境を実現します。
欲しかったその環境が、SWANStorなら可能です。

SWANStorの構成図

SWANStor導入時にネットワーク環境に設定変更が必要ないのは、
エリアビイジャパンが運用する共有SWANStor Gatewayを介して社内にアクセスするからです。

SWANStor

SWANStorの特徴

数あるリモートアクセス環境の中でもSWANStorならではの特徴をご紹介いたします。

リモートアクセス環境の導入には、障害が多いのが現実。
SWANStorは悩むシステム担当者の力になります!

  • 簡単運用・安全運用

    実は導入や運用にあたって十分な経験や体制がない。

  • 選べる豊富なセキュリティオプション

    導入が簡単なのはいいけど、セキュリティも大切。

  • 高い汎用性

    様々なデバイス、回線、アプリケーションで利用したい。

特徴1 簡単導入、安心運用特徴1 簡単導入、安心運用

SWANStor の導入には、難しいネットワークの知識は必要ありません。ネットワークの設定変更は不要で、社内にSWANStorを導入するだけで、リモートアクセスの環境を手に入れる事ができます。

ユーザーの認証情報、ログ情報、アクセス制御情報等、重要なデータはファイアーウォールに守られたお客様社内に保管されますので安全です。

また、インターネット上の共有中継サーバーにはお客様の情報は一切存在せず、エリアビイジャパンが24時間、365日の体制で死活監視を含めた運用を行うので、お客様は社内にあるSWANStor Serverだけ運用頂ければリモートアクセス環境を保持できます。

SWANStor(ファイアーウォールに穴を開けない方式) 他社システム(ファイアーウォールに穴を開ける方式)

特徴2 選べる豊富なセキュリティオプション特徴2 選べる豊富なセキュリティオプション

リモートアクセスを導入するにあたり、認証方法等を検討する必要があります。

一口に認証と言ってもユーザー名、パスワードだけで良いのか、アクセスする本人を特定したいのか、端末を特定したいのか、それらを組み合わせたいのか、ぞれぞれの企業で考えやポリシーが異なります。また、どれが一番良いかまだ決めかねている場合もあるかもしれません。

用途に合わせたセキュリティオプションを追加可能!

SWANStorでは端末認証、ワンタイムパスワード等、様々な認証オプションがあり、ご用件に応じて組み合わせてご導入できます。また、ご用件をお聞きし必要なオプションをご提案させていだきます。

オプション一覧

特徴3 高い汎用性特徴3 高い汎用性

SWANStorはアプリケーションフリー、キャリアフリー、デバイスフリーです。

ウェブアプリ、クライアント・サーバーアプリを問わず、様々にアプリケーションに対応し、インターネット回線があれば通信キャリアを問わず、ご利用いただけます。

またフィーチャーフォンから、スマートフォンやタブレットを初めとする最新のデバイスにも対応し、今後もビジネススタイルの変革と共に登場するであろう様々なデバイスに対応していきます。

様々なデバイスで、色々なアプリにアクセス!

SWANStorの機能

  • アクセス管理機能

    アクセス管理機能

    グループ単位/ユーザ単位で、アクセス可能な社内リソース/アプリケーションを制限

  • セッションタイムアウト機能

    セッションタイム
    アウト機能

    管理者が指定する時間内に操作を行わない場合、自動でログアウトさせる機能

  • シングル・サインオン機能

    シングル・サインオン機能

    SWANStorにログインをすると、目的のアプリケーションへも同時ログイン可能に

  • パスワードロック機能

    パスワードロック機能

    設定された回数ログインに失敗をすると、そのユーザを一時的にロック、利用禁止に

  • ログ管理機能

    ログ管理機能

    アクセスログ(アクセス時間・アクセス者)、管理ログ(設定履歴)、システムログ(警告)等を記録

  • 死活監視・通知機能

    死活監視・通知機能

    システムの健全性を常時監視し、障害検知時にはシステム管理者に随時通知

  • ユーザー一括登録機能

    ユーザー一括登録機能

    ユーザ情報などのシステム設定情報を、一括でインポート、エクスポート可能

他社技術との比較

SWANStorはどう違う?
導入の簡単さ、汎用性を比較!

品名 主なVPN 主なSSL-VPN A社製品 B社製品 SWANStor
ファイアウォール工事
必要

必要
不要 不要 不要
接続形式
ネットワークドライバ
汎用的なブラウザ
専用ブラウザ
リモートデスクトップ接続 汎用的なブラウザ
MS RDS
ライセンス
不要 不要 不要
必要
不要
汎用性 高い 高い
低い
アプリが限定される
高い 高い
操作性 良い 良い 良い
スマートフォンは悪い
良い
フィーチャーフォン対応
非対応

非対応
対応
非対応
対応
セキュリティオプション
限られる

限られる

限られる

限られる
豊富

SWANStorはファイアーウォール工事不要なうえ、他社製品に比べ多くの優位点があります。

SWANStorはファイアーウォールに穴を開けずに導入する事ができ、ユーザー認証情報、アクセス管理情報、ログ等、リモートアクセスに必要な情報は外部から完全に遮断されたLAN上に安全に格納されます。

SWANStorは安全

ファイアーウォールに穴を開ける他方式では、認証情報等が外部からアクセスし得る場所に存在するため、正しく運用を行わないとセキュリティリスクが高まります。また、正しい運用のためにはある程度の費用と工数がかかります。

セキュリティリスクが高まる

SWANStorでは難しいインターネット上のSWANStor Gatewayサービスはエリアビイジャパンが365日24時間の体制で管理運用します。お客様にはファイアーウォールに守られたSWANStor Serverのみ管理いただければ、安全なリモートアクセス環境を維持することができるのです。

導入事例/応用事例

導入事例

導入事例

SWANStorを活用いただいているお客様の声をご紹介します。SWANStorが実際の業務でどのように活用されているのをご覧ください

応用例

応用例

御社のビジネスの中でどのようにSWANStorが活用できるのか、様々なケースをを想定してご提案いたします。

SWANStorのオプション

動作要件

サーバOS

Microsoft Windows Server 2012 / 2012 R2
Microsoft Windows Server 2008 / 2008 R2

Red Hat Enterprise Linux 5.*/6.*/7.* (32bit/64bit)
CentOS 5.*/6.*/7.* (32bit/64bit)
Red Hat Enterprise Linux 7.*またはCentOS 7.* で運用する場合には運用方式が以前のものと全く異なるため、サポートまでお問合せください

※64bitOS上でもSWANStor Serverは32bitとして動作

サーバHDD 100MB以上の空き容量
サーバCPU/メモリ 2.0GHz/4GB 以上 (Intel製 又は Intel互換CPU)
クライアントOS Windows 7,Windows 8,Windows 8.1, Windows 10
携帯電話/スマートデバイス docomo/AU/SoftBank 各キャリアの標準ブラウザ、iOS 4.1以降、Android 2.3.3以降

*SWANStor Gatewayの動作環境は別途ご相談ください。

よくある質問

SWANStorの導入に際してよくある質問をまとめました。

よくある質問

今すぐ無料で使ってみる30日間の無償お試し版ダウンロード

導入から運用まで不安や疑問を解決します